• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2011.06.04
  • アロマンティック ~呼吸器のケア~

    初めて蜂とバラのツーショットが撮れましたぁ~
    どこにいるか…わかりますか~?
    イブニングとハチさん?_2
    こんな写真が撮れたのも…蜂が長い間ずっ~と止まってましたから…
    よっぽど「イブニングさん」の蜜が美味しかったんでしょうね。。。☆

    前回の記事で触れましたが、今の時期は湿った空気にカビなどの細菌がいっぱい…
    気温の変化も激しかったりで、油断していると風邪を引いてしまったり
    そしてもう寒くないから大丈夫~なんて…甘くみていると知らぬ間に肺炎に。。。
    というケースが少なくないと聞きます。
    風邪や肺炎は予防が大切!…と心から思います。。。☆
    私も呼吸器が弱いので、この時期は要注意!とわかっていながら
    こじらせていまい不摂生身にしみているところだからです。。。

    元気!ペパーミント?
    庭のペパーミント

    そんなことで…
    今日は「呼吸器のアロマケア ~予防と症状の緩和~」を考えてみたいと思います♪

    「精油を使ったうがい水で予防」
    ガラスのビンまたはペットボトル(容量:500㎖ぐらい)に水を入れ
    精油を1滴入れてシェイクします。コップに移して使用します。
    精油は水に溶けないので使用するたびにシェイクしてください。
    また精油はプラスチックを溶かすことがあるので、
    ペットボトルを使うときは長期使用しないでください。
    注意)お口の中は粘膜ですから,濃度に気を付けましょう。
    刺激を感じるときは、さらに希釈するか使用を中止してください。

    おすすめ精油
    スイートオレンジ ティートリー ニアウリ ベルガモット ペパーミント レモン
    私は「ベルガモット」を使うのが好きです。スーッとしてさわやかになります。
     
    「予防と緩和に芳香浴」
    うがいとあわせて「芳香浴」が有効です。
    インフルエンザ対策には、殺菌効果とビタミンCが多く含まれる
    柑橘系を中心に行なうといいでしょう。

    おすすめ精油
    スイートオレンジ カモミール・ジャーマン グレープフルーツ サイプレス タイム・リナロールタイプ ティートリー ニアウリ フランキンセンス ベルガモット ペパーミント ユーカリ ラベンダー レモン ローズマリー・シネオールタイプ

    タイムすくすく ?
    タイム

    芳香浴の方法は、市販の芳香浴噐を使っても
    ティッシュペパーやコットンに精油を1滴垂らすだけでも行なえます♪
    なんか喉がイガイガするなぁ~程度の軽い症状なら…
    ビックリするほど効果あります!

    上記の他にもサンダルウッドやジュニパー、ベンゾイン(安息香)といった精油も有効です。
    私は今回の風邪のケアでは、ベンゾインとペパーミントのブレンドで芳香浴をしました。
    咳をすることで苦しい胸部の筋肉の痛みには、スパイクラベンダーを塗布して対応。凝りを楽にしてくれるようです。
    (ラベンダーは原液で肌に使用することができます。)
    ホホバ油などで希釈してマッサージするように塗布するのも良いと思います。
    ここで真正ラベンダーを使用しなかったのには理由があります。
    リラックス効果が高いラベンダーやカモミール、サンダルウッドなどの精油はかえって咳を誘発します。
    これは自律神経との関係からきていて、リラックスして副交感神経が優勢になると気管支が細くなり、咳を悪化するのです。こんなときは,サイプレスやジュニパー、フランキンセンス、ユーカリ、レモン、ローズマリー・シネオールなどがよいでしょう。

    また、口の中が汚れ細菌が増え、その息が肺に入りると肺炎を起こしやすくなりますから、お口の中の清潔に保つことも大切です。そして、高齢になると咀嚼と嚥下のリズムが乱れ、食べ物が気管に入り肺炎を引き起こす原因になりますから、食事はあわてずに…ゆったりとした気持ちで召し上がることを心がけてくださいね。。。♡

    耳の不調かろ始まったので、てっきり耳の病気と思って耳鼻科を受診しましたけど
    結局のところ 疲れからの風邪だったようです。。。
    薬局の方が、「疲れから耳に不調がでる方もいるようです」
    「その人の弱いところに症状が出るみたいですよ」と優しく教えてくださいました

    どんなにいいお薬を飲んでもアロマでケアしても…
    結局のところは疲れたらしっかり「休養」…それに勝るものはないかもしれませんね

    ハイビスカス 2011
    ハイビスカスが咲いて
    我がお庭は「南国」の風情~
    風邪など引いている場合じゃない!!ですよねぇ~


    o0160003711139887975.jpg

    にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト

  • 2011.01.29
  • アロマンティク・冬のスキンケア ~ボディ&ハンド~

    冬こそボディ磨き
    ボディケア用品

    冬の間、すっぽりと隠れている脚や腕。春になって見てみると…カッサカサの ”粉吹きいも状態” だった…ということはありませんか?しかも触ってみると、冬の間にたまった脂肪でプヨプヨ…。
    そうならないために、今からピカピカの春をめざして!ボディケアを始めましょう!

    さて…アロマテラピーといえば「オイルトリートメント」全身のトリートメントを受けた後は、からだスッキリ!ココロも軽やか♪ ホント~に気持ちのいいものです。でも、しょっちゅうは受けられないし、オイルが少し苦手、という方もいらっしゃるのではないかしら?
    そこでおすすめなのが、バスタイムにからだを洗いながら行なう「セルフマッサージ」です。
    もちろん、石けんはマイルドなものを選び「精油」を入れます。でも決して洗いすぎないことが鉄則です。

    <アロマボディ石けん>
    (材料)
    液体石けん     200cc   
    ホホバ油    小さじ1杯
    ハチミツ    小さじ1杯
    精油       20~30滴

    (作り方)
    ①液体石けんを湯煎にかけ人肌にあたため、ホホバ油とハチミツを少しずつ入れて、泡立たないように静かに攪拌します。
    ②(さましてから)セレクトした精油を数種類入れて、よく混ぜできあがりです!

    <おすすめ精油>
    ☆皮膚の細胞更新・角質ケア対策
    パルマローザ
    フランキンセンス
    ラベンダー
    ローズウッド

    ☆お肌の引き締め・むくみ対策
    グレープフルーツ
    クラリセージ
    サンダルウッド
    ゼラニウム
    ローズマリ-

    ☆肌の炎症の鎮静と殺菌
    ティートリー
    ラベンダー
    カモミール・ローマン

    *洗浄剤に入れると科学的に安定しない精油があるそうです。
    (イランイラン、シダ―ウッド、サイプレス、レモン、ライム、ジュニパー、マンダリン、パインなど)

    マッサージ方法は下記の続きを読むでどうぞ!
    精油の安全な取り扱いについてはこちらのページ参照ください。

    にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
    にほんブログ村

    続きを読む

    テーマ : アロマ
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.23
  • <レポート> 化粧品の真実

    あいコープ主催の環境学習会「化粧品の真実」に参加してきました。
    内容は、洗剤も含めて、私たちが普段使っている化粧品の中身とその害について。実際にペットボトルに入った苛性ソーダ液と油を混ぜて、石けんを作る体験やオイルクレンジング剤を水の中に入れるとどうなるか?などの実演もありで、とても分かりやすかったです。

    たぶん、ほとんどの方が、洗剤や化粧品に含まれている「界面活性剤」や「化学成分」について、「石けん」と「合成洗剤」の違いについて、詳しく分からないで使用しているのが現状だと思います。

    私のできる限りの言葉で説明すると…

    「界面活性剤」のはたらきとは…
    洗浄剤では…汚れを落とす。(汚れに浸透・吸着・分散など)
    化粧品では…本来は混ざり合うことができない「水と油」を乳化して安定させる。(乳液やクリームなど)

    「石けん」と「合成洗剤」の違いは…
    「石けん」
    界面活性剤…脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム(動植物油が原料)
    例)食器洗い、衣類のお洗濯やシャンプー、洗顔などに使用したその後の水
    汚れを包み込んだ石けん成分は、石けんカス(Ca石けん)となり、自然分解して自然に戻る。▷自然を壊さない。水が汚染れない。
    例)洗ったあとのお肌
    汚れだけを落とすので、皮脂膜を痛めず肌を荒らさない。

    「合成洗剤」
    界面活性剤…合成界面活性剤(石油が主成分でたくさんの種類がある)
    AES(ラウレス硫酸ナトリウム):台所用洗剤、ボディシャンプーなど。
    塩化アルキルトリメチルアンモニウム:柔軟剤、リンスなど。
    例)食器洗い、衣類のお洗濯やシャンプー、洗顔などに使用したその後の水
    一定濃度以上になると、魚が死んだり、生態系に影響を与える。
    例)洗ったあとのお肌
    タンパク質を溶かすので、皮脂膜を取り、体内に入る。(経皮吸収)肌が荒れる。

    概要だけですが、なんとな~くお分かりになりましたか?
    洗浄剤を石けんに変えるだけで、化学物質のからだや環境への害が6割も減らせるそうです。
    地球の未来のためにも、大切な人を守るためにも、環境にやさしい生活をしていきたいですね。

    石けんや界面活性剤のことが書かれているおすすめの本は…
    私の「石けんバイブル」といえる、「シャボン玉石けん」前社長、故森田光徳さんの著書
    自然流「せっけん」読本―洗たく、食器洗い、入浴、シャンプー、住いのそうじ
    その他に…
    驚異の石けんパワー―ナチュラルでお肌が10歳若返る! (フロムムック (96))
    はて・なぜ・どうしてクイズ石けんと合成洗剤 (環境問題チャレンジブック)
    などです。
    私の愛用「自然派コスメたち」

    オーガニックコスメ

    やはりその道の先進国、ドイツ製のものが多いです。
    Dr.ハウシュカ、ロゴナ、ラヴェーラ(ドイツ)、オーブリー(アメリカ)、アグロナチュラなど。リップ&ハンドクリームを始めスキンケア類は、日本の石けんメーカー、「パックスナチュロン」のものを使っています。

    にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
    にほんブログ村

    テーマ : 伝えたいこと
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.15
  • 精油の安全な使用法について

    精油

    ブログ中の「アロマのレシピ」で使用している精油は、天然のものですが、自然に存在する状態にくらべてかなり濃縮されているため、使用するにあたっていくつかの注意点があります。以下のことに気をつけましょう。

    *精油は直接皮膚に使用せず、必ず希釈して用いましょう。
    *精油の内服、飲用、点眼いないようにしましょう。
    *精油は揮発性があり、引火する可能性がありますので、火気のあるところでの取り扱いに注意しましょう。
    (精油のついた衣服を乾燥機にかけるときなども注意が必要です)
    *高温多湿、直射日光(紫外線)を避け、遮光ビンなどに入れしっかりキャップをしめて保存しましょう。
    また、子どもやペットが誤って飲んだりしないよう保管場所に気をつけましょう。
    *お年寄りや既往症がある方、体調がすぐれないとき、敏感な体質の方への使用は注意が必要です。使用量を減らしたり、場合によっては使用を中止しましょう。
    *妊婦への使用は、敏感な体調を考え、芳香浴以外のアロマテラピーを行なう場合は十分な注意が必要です。全身のトリートメント(マッサージ)をされる場合は専門家にご相談ください。
    *3才未満の幼児は芳香浴以外おすすめできません。また、大人より体力も体重も少ないので、大人より少ない量でご使用ください。(1/10からはじめて、1/2ぐらいの量まで)
    *精油に似た「合成オイル」を間違えて使用しないようにしましょう。
    *精油成分の一部(主に柑橘系の精油成分に含まれるベルガプテンなど)には日光にあたると皮膚に炎症をおこすもの(光毒性)がありますのでご注意下さい。(ベルガモット、グレープフルーツ、レモンなど)
    *精油は開封したら、通常1年、柑橘系の精油は半年を目安に使い切りましょう。
    *精油原液が肌についてしまったときは流水で洗い流して下さい。皮膚に発赤、発疹、刺激が見られたときは、使用をやめ医師の診察を受けて下さい。
    *精油が目に入ったときは決してこすらず、大量の水で洗い流し医師の診察を受けて下さい。
    *精油が口に入ってしまったときは大量の水ですすいでください。
    *精油を誤って飲んでしまったときは吐かせず、すぐに医師の診察を受けて下さい。(受診の際、誤飲した精油を持参するとよいでしょう)

    以上のことを守って、安全な「アロマライフ」を実践しましょう!
    もっと詳しく知りたい方はアロマテラピーの専門書をご覧くださいね。

    アロマテラピーのための84の精油
    はじめてのアロマテラピー
    アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!

    テーマ : メンタルヘルス
    ジャンル : ブログ

  • 2010.12.24
  • クリスマスのお楽しみ!

    太田さんのシュトーレン 2010
    写真は、友人から贈られたドイツのパン菓子 “シュトーレン”

    街にはクリスマスのイルミネーションがきらめくこの季節、
    パン作りが上手な友人から贈られる “シュトーレン” はひそかな楽しみです

    “シュトーレン” はドイツでクリスマスの時期に焼くパン菓子で、発酵した生地にレーズンやナッツ、スパイス、フルーツの砂糖漬けなどを生地に混ぜ込んで焼いた、素朴な味わいのお菓子。クリームやフルーツでデコレーションしたクリスマスケーキのような派手さこそないけれど、保存がきいて、噛むほどに味わい深くて…まさに飾らない人柄の友人のようなケーキです。市販のものより甘さ控えめなところも気に入っています。”シュト―レン”のお返しは…私の自家製 ”べったら風大根漬け”
     クリスマススイーツ DSCN1677_2.jpg   
    “ポマンダー” は16世紀頃からヨーロッパなどで魔除けや、悪疫除けとして使われていたもので、現代では、芳香用としてこの時期に作って楽しまれています。
    (写真右)オレンジにクローブを刺して作った ”オレンジポマンダー”

    ”シュトーレン” と “ポマンダー” に使われるスパイスや柑橘系の果物の皮には、強力な「抗菌作用」があります。日本人が風邪を引かないようにと、冬至にカボチャを食べるのと同じように、そんな願いもこめて寒いこの季節に作られたのでしょうね。

    私も ”シュトーレン” を焼けるなら、そのレシピを載せるのですが、いつか “その日” がくるのをお約束して今日は “ポマンダー” の作り方をご紹介します。

    *ポマンダーの作り方*
    ー材料ー
    オレンジやレモン(リンゴやキンカンなどで作っても面白いです) 1個
    クローブ                         30~50g
    ポマンダーミックス(アロマショップなどで手に入ります) 大さじ1杯

    1) リボンをかける部分(十字)にセロファンテープを貼る。
    2) セロファンテープ以外の部分にクローブを刺していく。
     (乾燥させると縮むので、3~5ミリ程度間隔をあけて刺す)
    3) セロファンテープをはがして、ポマンダーミックスの入ったビニール袋に入れ粉をまぶす。
    4) 袋の中に一日ほどおいて、落ち着いたらザルなどにのせて風通しのよいところで乾燥させる。
     (経験から、程々に暖房のきいた場所で一気に乾燥させたほうが、カビることがないと思います)
    5) カチカチに乾燥したら、カラフルなリボンを結んでできあがりです!

    ハラハラと雪が舞う、今夜は
    ” White  X'mas ”
    ステキなクリスマスになりますように!



    にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
    にほんブログ村







    テーマ : わぁい♪O(≧▽≦)O
    ジャンル : ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。