• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2011.01.31
  • 美しい花のハーモニー ~とうほく蘭展2011~ 

    花はなぜ美しいのか?
    2011とうほく蘭展 22
    それは…ただ ”無心に” 咲いているから…
    人間も見習いたいものですね。ナンテね

    「とうほく蘭展&バラとガーデニングフェスタ2011」へ行ってきました。
    見事に咲き誇る花たちに、時間の経つのも忘れるほど ”ウットリ~” 見とれてしまいました。
    美しい花々を目の前にすると言葉なんて入りませんね。数回に分けてその感動をお届けしたいと思います。
    今日は野性味あふれる「原生林に咲く蘭たち」です。

    ―誕生月の蘭―
    1月 デンドロビューム
    1月
    デンドロビュ―ム
    (Dendrobium)
    ***花言葉***

    わがままな美人


    2011とうほく蘭展 ?
    豪華な花のアーチです。家の庭にも欲しいなあ~

    ツインスターのように寄り添って咲く白いラン。
    2011とうほく蘭展 35


    左:色も形も個性的。今にも喋りだしそうな…
    呑み込まれてしまいそうな…

    2011とうほく蘭展 ?2011とうほく蘭展 ?

    右:こんな色調の花は見たことがないなあ~ステキです!

    次は、ハンギングバスケットです。お楽しみに



    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    テーマ : 園芸・ガーデニング
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.29
  • アロマンティク・冬のスキンケア ~ボディ&ハンド~

    冬こそボディ磨き
    ボディケア用品

    冬の間、すっぽりと隠れている脚や腕。春になって見てみると…カッサカサの ”粉吹きいも状態” だった…ということはありませんか?しかも触ってみると、冬の間にたまった脂肪でプヨプヨ…。
    そうならないために、今からピカピカの春をめざして!ボディケアを始めましょう!

    さて…アロマテラピーといえば「オイルトリートメント」全身のトリートメントを受けた後は、からだスッキリ!ココロも軽やか♪ ホント~に気持ちのいいものです。でも、しょっちゅうは受けられないし、オイルが少し苦手、という方もいらっしゃるのではないかしら?
    そこでおすすめなのが、バスタイムにからだを洗いながら行なう「セルフマッサージ」です。
    もちろん、石けんはマイルドなものを選び「精油」を入れます。でも決して洗いすぎないことが鉄則です。

    <アロマボディ石けん>
    (材料)
    液体石けん     200cc   
    ホホバ油    小さじ1杯
    ハチミツ    小さじ1杯
    精油       20~30滴

    (作り方)
    ①液体石けんを湯煎にかけ人肌にあたため、ホホバ油とハチミツを少しずつ入れて、泡立たないように静かに攪拌します。
    ②(さましてから)セレクトした精油を数種類入れて、よく混ぜできあがりです!

    <おすすめ精油>
    ☆皮膚の細胞更新・角質ケア対策
    パルマローザ
    フランキンセンス
    ラベンダー
    ローズウッド

    ☆お肌の引き締め・むくみ対策
    グレープフルーツ
    クラリセージ
    サンダルウッド
    ゼラニウム
    ローズマリ-

    ☆肌の炎症の鎮静と殺菌
    ティートリー
    ラベンダー
    カモミール・ローマン

    *洗浄剤に入れると科学的に安定しない精油があるそうです。
    (イランイラン、シダ―ウッド、サイプレス、レモン、ライム、ジュニパー、マンダリン、パインなど)

    マッサージ方法は下記の続きを読むでどうぞ!
    精油の安全な取り扱いについてはこちらのページ参照ください。

    にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
    にほんブログ村

    続きを読む

    テーマ : アロマ
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.27
  • 超絶うま!簡単! ~みそ玉スープ~

    毎日寒くて、風邪やインフルエンザの方が多いようですが…
    カゼも吹き飛ぶ!“みそ玉” デス。
    みそ玉レシピ 過程?
    左:材料 右:みそ玉


    ”みそ玉” って知っていますか?
    もうどれぐらい前になるでしょう…“森の番人” C・W・ニコルさんの本を読んでいたら、”みそ玉” なる物のことが書いてありました。読んで字のごとく「みそを丸めたもの」のこと。

    ニコルさん、森へ出かけるとき、ポットに熱いお湯を入れ、みそ玉を持って行く…。とそう書いてあったような?
    (スミマセン!ずいぶん前のことなのでウロおぼえで…)
    でも、ほんと!“みそ玉” だけが記憶に残っています

    「面白いな~」と思ってしばらくたったころ、風邪を引き、なかなか治らなくて、自然食レストランの方に教わったのが、みそにごぼうと生姜をすり下ろしたものに、熱いお湯を注いで飲むという「風邪の治りかけに効くみそレシピ」
    作って飲んでみると…効くの効かないのはもうどうでもよくて!?とにかく
    「うま~い!!」
    というわけで…みそ玉と合体させて、わたし流にアレンジ!刻みネギを入れたり、お麩を入れたりして、風邪を引いていなくても飲んでいます。
    前置きが長くなってしまいました…作り方です!

    <みそ玉スープ>
    (材料)2人分
    みそ    大さじ2杯
    ごぼう      6㎝
    生姜       1片
    長ネギ      適量
    お麩       適量 
    熱湯     約300CC    
    みそ玉レシピ 材料みそ玉レシピ 完成!

    (作り方)
    ①ごぼうと生姜はすりおろし、長ネギは細かく刻む。(A)
    ②みそと(A)を混ぜて丸める。(B)
    ③お椀に(B)を入れて熱湯を注いで完成です!味は好みでお湯の量を加減してね!
    多めに作りタッパーに入れておくと、忙しいとき便利です!
    <おすすめアレンジ>
    おろしニンニクやタマネギ、人参、コチュジャン、カレーパウダーなどはいかがでしょうか?麺のつけだれにもいいかも…
    どうぞ、それぞれの「オリジナルみそ玉」をお楽しみください!

    P.S ”超うま” でもよかったんですが、“超絶うま” にしたのは、松潤のパクリです。
    ちょっと ”嵐” の番組の見過ぎですね~失礼しました~


    にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
    にほんブログ村

    テーマ : ★★おすすめ♪★★
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.23
  • <レポート> 化粧品の真実

    あいコープ主催の環境学習会「化粧品の真実」に参加してきました。
    内容は、洗剤も含めて、私たちが普段使っている化粧品の中身とその害について。実際にペットボトルに入った苛性ソーダ液と油を混ぜて、石けんを作る体験やオイルクレンジング剤を水の中に入れるとどうなるか?などの実演もありで、とても分かりやすかったです。

    たぶん、ほとんどの方が、洗剤や化粧品に含まれている「界面活性剤」や「化学成分」について、「石けん」と「合成洗剤」の違いについて、詳しく分からないで使用しているのが現状だと思います。

    私のできる限りの言葉で説明すると…

    「界面活性剤」のはたらきとは…
    洗浄剤では…汚れを落とす。(汚れに浸透・吸着・分散など)
    化粧品では…本来は混ざり合うことができない「水と油」を乳化して安定させる。(乳液やクリームなど)

    「石けん」と「合成洗剤」の違いは…
    「石けん」
    界面活性剤…脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム(動植物油が原料)
    例)食器洗い、衣類のお洗濯やシャンプー、洗顔などに使用したその後の水
    汚れを包み込んだ石けん成分は、石けんカス(Ca石けん)となり、自然分解して自然に戻る。▷自然を壊さない。水が汚染れない。
    例)洗ったあとのお肌
    汚れだけを落とすので、皮脂膜を痛めず肌を荒らさない。

    「合成洗剤」
    界面活性剤…合成界面活性剤(石油が主成分でたくさんの種類がある)
    AES(ラウレス硫酸ナトリウム):台所用洗剤、ボディシャンプーなど。
    塩化アルキルトリメチルアンモニウム:柔軟剤、リンスなど。
    例)食器洗い、衣類のお洗濯やシャンプー、洗顔などに使用したその後の水
    一定濃度以上になると、魚が死んだり、生態系に影響を与える。
    例)洗ったあとのお肌
    タンパク質を溶かすので、皮脂膜を取り、体内に入る。(経皮吸収)肌が荒れる。

    概要だけですが、なんとな~くお分かりになりましたか?
    洗浄剤を石けんに変えるだけで、化学物質のからだや環境への害が6割も減らせるそうです。
    地球の未来のためにも、大切な人を守るためにも、環境にやさしい生活をしていきたいですね。

    石けんや界面活性剤のことが書かれているおすすめの本は…
    私の「石けんバイブル」といえる、「シャボン玉石けん」前社長、故森田光徳さんの著書
    自然流「せっけん」読本―洗たく、食器洗い、入浴、シャンプー、住いのそうじ
    その他に…
    驚異の石けんパワー―ナチュラルでお肌が10歳若返る! (フロムムック (96))
    はて・なぜ・どうしてクイズ石けんと合成洗剤 (環境問題チャレンジブック)
    などです。
    私の愛用「自然派コスメたち」

    オーガニックコスメ

    やはりその道の先進国、ドイツ製のものが多いです。
    Dr.ハウシュカ、ロゴナ、ラヴェーラ(ドイツ)、オーブリー(アメリカ)、アグロナチュラなど。リップ&ハンドクリームを始めスキンケア類は、日本の石けんメーカー、「パックスナチュロン」のものを使っています。

    にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
    にほんブログ村

    テーマ : 伝えたいこと
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.21
  • 冬の定番メニュー ~カキ(牡蠣)入り焼うどん~ 

    カキのうま味が生きた、焼うどん!
    カキ入り焼うどん 完成!
    お酒に合います!

    我が家の ”冬の定番メニュ” といえば…カキ(牡蠣)の入った焼きうどんです。
    私のお料理メニューの基本は “旬”のものを使うことと “素材の味” を生かすこと。旬の物は栄養がたっぷりで、冬の牡蠣はトロ~リ、白菜やネギは甘くて柔らかで美味しいのです。しかも経済的にもやさしい!
    ”カキ入り焼うどん”は、冬の間月に2~3回は食べているかもしれません。
    さっそくレシピをご紹介しますね!

    <カキ入り焼うどん>
    (材料)3人分
    ゆでうどん    3玉
    カキ(加熱用) 150g
    ブタコマ切れ    75g
    白菜      4~5枚
    人参        5㎝
    ピーマン     1/2個
    長ネギ      25㎝
    干ししいたけ   中3枚
    焼きのり     1/4枚
    薄口しょう油 大さじ2杯
    濃い口しょう油   小さじ1/2杯 
    塩   小さじ1/2~2/3杯
    酒       小さじ2杯
    みりん    大さじ1と1/2~2杯
    しいたけの戻し汁    約50CC
    ちりめんじゃこ(ないときは粉だし) 5g     
    太白ごま油 *煎っていないごまを絞った油
    (または菜種油)       大さじ1杯
    ごま油           小さじ1杯 

    牡蠣入り焼うどんカキ入り焼うどん 材料カキ入り焼うどん 作り方

    (作り方)
    ①干ししいたけは水で戻し、5㎜ぐらいの厚さにスライス。白菜は葉の部分をざく切りにして、軸はくし切りにして分けておく。人参は2㎜ぐらいの半月切り、ピーマンは  長ネギは斜めに切っておく。
    ②カキはザルに入れ、少量の塩で振り洗いしてすすぎ、水を切る。ブタコマ肉には少量の塩と酒をまぶしておく。
    ③大きめのフライパンに太白ごま油を入れ、火にかける。ブタコマ肉、白菜の軸、にんじん、しいたけを入れて炒める。(A)
    ④この間に別のフライパンにごま油を引き、カキを入れ、酒、濃い口しょう油(少量)で軽く味を付ける。(味が濃くならないように注意)


    ⑤(A)に火が通ったら白菜の葉、ピーマン、長ネギを入れさらに炒め、半分ほど火が通ってきたところにゆでうどんと干ししいたけの戻し汁といりこを入れて全体を混ぜ、、酒、塩、薄口しょう油、みりんで味をつける。味を確認しながら濃い口しょう油を少量入れコクをだす。(B)
    ⑥(B)に炒めたカキの汁を入れ混ぜ合わせる。皿に盛り、カキと焼きのりを上にのせてハイ、完成!

    カキには亜鉛がたっぷり!
    亜鉛は多くの酵素の成分で、細胞形成や新陳代謝、免疫反応に関わっています。
    味を感じる「味蕾」の形成に不可欠で、不足すると「味覚障害」をおこすそう。加工食品に多くに含まれる食品添加物「ポリリン酸」は、亜鉛の吸収を妨げ、多くとりすぎると亜鉛不足を招きます。毎日の食事はできるだけ手作りを心がけたいですね。




    にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
    にほんブログ村

    テーマ : お料理(*´・ω・)☆
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.19
  • 美肌メニュー ~コラーゲンたっぷり!鶏のテイルスープ~

    コラーゲン補給でプルプルお肌をめざしましょう!
    鶏のテイルスープ 完成!!

    部屋にストーブを焚く、この季節の我が家の定番料理  ”鶏のテイルスープ”
    鶏の手羽先がコラーゲンたっぷりなのはよく知られるところですが、お値段が…。「ほかに代わりのものはないかしら?」そう思って買ってみたのが ”鶏のテイル”
    8個入りで130円ぐらい。リーズナブルでしょ?これがなかなかイケルんです!
    一口サイズで、身離れがよく、口の中でトロトロにくずれて骨も小さくて食べやすい。しかもコラーゲンもたっぷりです

    <コラーゲンもたっぷり!鶏のテイルスープ>
    (材料)2人分
    鶏のテイル      6個
    大根         約4㎝
    ジャガイモ      中2個
    長ネギ        約15㎝
    人参         約4㎝
    キャベツ       小1/3
    エリンギ       中1本
    ニンニク        1片
    生姜           1片
    昆布      (3×3)2枚
    水          4カップ
    酒          大さじ1と1/2杯
    塩          小さじ3/4~1杯
    粒こしょう        少々
    (気分で、ベイリーブスで風味を付け、ブロッコリー、ごぼう、焼き豆腐、温泉卵などを入れるときも!)

    鶏のテイルスープ 材料鶏のテイルスープ 切り方鶏のテイルスープ 作り方?鶏のテイルスープ 作り方?

    (作り方)
    ①鶏のテイルは、水(お酒を少し入れる)から軽くゆでて、余分な脂を落とし、大根は2㎝の輪切りまたは半月切りにしてお米のとぎ汁でさっとゆでておきます。
    ②再び鍋に水をはり、スライスした生姜と二等分に切ったニンニク、お酒、鶏のテイル、昆布、大根を入れて中火にかけ煮ます。煮立ったら昆布を引き上げ、火を弱めて30分以上煮ます。(ストーブの方はコトコト1時間以上煮ると、テイルはホントにやわらかくなります!)
    ③次に、ニンニクと生姜を引き上げ、二等分にしたジャガイモを入れ、半分ぐらい火が通ったところに半月切りの人参、大きく斜め切りにした長ネギと三等分に切ったキャベツ、塩、粒こしょうを入れ、昆布を鍋に戻し、キャベツがしんなりするまで煮たらできあがりです!
    (こまめにアクと脂をとりましょう)
    (ジャガイモは、種類によって煮崩れしやすいものがありますので気をつけましょう。メークインが煮崩れしにくいです)

    潤い肌の決めては ”良質のタンパク質とビタミン”
    潤いのあるお肌を作る決めては ”良質のタンパク質とビタミンです。
    人間のからだはタンパク質でできていますし、皮膚のハリや健康は、皮膚の「真皮」の組織間をつなぐ「コラーゲン」(タンパク質の一種)によって保たれています。ですからタンパク質が不足すると肌にトラブルがおこります。
    また、ビタミン類も潤い肌の強い味方です。
    ビタミンA   皮脂腺や汗腺のはたらきを高めて、肌に潤いを与える。
    (人参、カボチャ、うなぎ、モロヘイヤなど)
    ビタミンB2、    肌の新陳代謝を促し、ハリと弾力を与える。
    (サバ、サンマ、レバーなど。 B2…納豆 …バナナ、サツマイモ)
    ビタミンC   コラーゲンの生成を助ける。
    (柿、菜の花、ブロッコリー、キーウィ)
    ビタミンE   血行を促進し、肌に潤いを与える。
    (ナッツ類、カボチャ、子持ちカレイ、植物油…ひまわり油、綿実油など)

    酵素も大事 
    冬はどうしても「煮込み料理」中心になりがちですが、生のお野菜や果物もしっかりとりましょう。生きた栄養素や酵素は48~60度の加熱で死んでしまうそう。ですから、鍋物のときは、薬味(大根おろしや、おろし生姜、すだちなど。)を工夫したり、お漬け物や果物をメニューに加えたりしてみましょう。
    *酵素…生命活動に欠かせない栄養素。体内で作られるものと、食品からとるものの二種類ある。食物を食べ、消化、代謝、排泄する…すべてに関わっている。     

    …と、栄養のことまで細々説明してしまいましたが…
    食べるときは、楽しく♪ 美味しく!
    寒い冬の夕飯は、ワイワイ楽しく♪ 
    鍋料理といきましょ~!


    にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
    にほんブログ村

    テーマ : ★★おすすめ♪★★
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.17
  • アロマンティック・冬のスキンケア ~潤い肌~

    冬のお肌は皮脂の分泌も少なく、冷たく乾燥した空気と、室内の暖房でさらなる乾燥…肌の悲鳴が聞こえてきそうですどうすれば冬の ”潤い肌” を手に入れられるでしょう?

    アロマセラピーで使用する精油の中には、スキンケアに有効なものが多くあります。「エモリエント(皮膚軟化)」「リカバリー(皮膚細胞の再生・修復)」「アストリンゼント(収斂)」など。上手に活用すれば、高価な保湿クリームにも負けないくらいの変化が得られるでしょう。代表的な精油の作用を見てみましょう。

    <スキンケアに向く精油>
    皮脂のバランスをとる………イランイラン、ラベンダー、ゼラニウム、フランキンセンス
    皮膚軟化      ………カモミール・ローマン、サンダルウッド、ネロリ
    細胞成長促進    ………ネロリ、パルマローザ、ラベンダー
    強壮        ………ジャスミン、プチグレン、ローズオットー
    収斂        ………フランキンセンス、ローズマリ-
    成熟肌       ………サイプレス、サンダルウッド、ネロリ、ローズオットー、ローズウッド
    敏感肌       ………カモミール・ローマン、ジャスミン、ネロリ、ローズオットー、ローズウッド
    脂性肌       ………サイプレス、ジュニパー、ゼラニウム
    乾燥肌       ………サンダルウッド、ジャスミン、ネロリ、ローズオットー、パルマローザ、ローズウッド

    私自身が今使っているスキンケアアイテムは…
    尿素入りの手作り化粧水、市販のスキンクリーム+化粧水+ホホバ油+精油で作った乳液、ホホバ油、市販のリップクリームのみです。それだけ?と思われるかもしれませんが、いろいろ付けすぎるとかえって ”吹き出物” ができたりトラブルのもとになることを経験しているから…少し物足りないくらいの “足りないものを補うケア” にとどめています。朝は洗顔はせず、コットンに化粧水をとり、拭き取るだけです。
    それでは、私の使っている「インスタントアロマ乳液」の作り方をご紹介します。

    スキンケア 乳液

    <インスタントアロマ乳液>
    (材料)
    市販のスキンクリーム(無香料)    20g
    市販の化粧水(無香料)      25mℓ 
    ホホバ油              1mℓ
    精油               3~5滴 (1滴…0.05㎖)       
    (スポイト、薬さじ、計り、容器…1個)
    *クリームと化粧水はできるだけ同じライン(同じ目的をもって作られているもの)のものをご使用ください。
    *精油の使用量は目安です。敏感な肌質の方は量を控え目に!

    (作り方)
    使用する容器や用具は、あらかじめエタノールなどで消毒しておきます。
    ①計りに直接容器をのせて、そのなかにクリーム18gを入れます。
    ②(計りからはずし)化粧水を30mℓとホホバ油 1mℓを入れ、ふたをしてシェイクします。
    ③できたものを手の甲にとり硬さを確かめます。ゆるすぎる場合はクリームを、硬い場合は化粧水を少し入れて調整します。
    ④好みの精油を入れてできあがりです!

    精油は水に溶けないので、化粧水よりも脂溶性の性質を生かせる ”クリーム” や “乳液” に入れた方が安定性があると思います。また、市販品には乳化剤が入っていますので分離しにくいです。

    おすすめブレンド(30㎖に対しての滴数)
    ラベンダー       2滴
    ネロリ         1滴
    フランキンセンス    2滴  品格のある優雅な香り。お肌をしっとりさせ、弾力アップ。

    ゼラニウム       1滴
    カモミール・ローマン  1滴
    パルマローザ      2滴  華やかなお花の香り。お肌の荒れを鎮静し、顔色を良くします。

    ラベンダー       2滴
    ローズ・オットー    1滴
    サンダルウッド       1滴 エキゾチックで落ち着いた香り。肌を強壮し、整えます。 

    皮膚は、夜排泄し、日中に吸収する
    ところで…
    世界的な生態学者で、生物学者の ”デートリッヒ・ギュンベル博士” の著書に興味深いことが書かれていました。「皮膚は夜に副交感神経が優位になるので ”排泄” 日中は交感神経が優位になる ので”吸収” の方向に働く。夜は皮膚を清潔にすることが大切で、化粧品入らない…」という理論。
    そう考えると、ほとんどの人が皮膚に対してまったく反対のことをしている…!? ということになりますね。
    急には無理かもしれませんが、「試してみたい!」と私は思っています。その経過はブログでご報告することにしま~す!ギュンベル博士の本…興味ある方は読んでみてください!
    「植物三層(花・葉・根)精油によるホリスティックセラピー」

    内側からのケアも忘れずに!
    皮膚の乾燥の原因は冬だけの問題ではありません。ストレスや寝不足、栄養不足などいろいろあります。バランスのよい食事を心がけ、規則正しい生活をしてお肌の潤いをキープしましょう!また、入浴もお肌の新陳代謝を促しますからバスタイムも充実させましょう!

    *精油の取り扱いについてはこちらのページをご参照ください。 

    尿素入り化粧水のことが書いてあるのはこちらの本。
    3日で効く美肌スキンケア―医師が教える簡単・安価・安心の手作りコスメ

    にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
    にほんブログ村

    テーマ : アロマ
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.15
  • 精油の安全な使用法について

    精油

    ブログ中の「アロマのレシピ」で使用している精油は、天然のものですが、自然に存在する状態にくらべてかなり濃縮されているため、使用するにあたっていくつかの注意点があります。以下のことに気をつけましょう。

    *精油は直接皮膚に使用せず、必ず希釈して用いましょう。
    *精油の内服、飲用、点眼いないようにしましょう。
    *精油は揮発性があり、引火する可能性がありますので、火気のあるところでの取り扱いに注意しましょう。
    (精油のついた衣服を乾燥機にかけるときなども注意が必要です)
    *高温多湿、直射日光(紫外線)を避け、遮光ビンなどに入れしっかりキャップをしめて保存しましょう。
    また、子どもやペットが誤って飲んだりしないよう保管場所に気をつけましょう。
    *お年寄りや既往症がある方、体調がすぐれないとき、敏感な体質の方への使用は注意が必要です。使用量を減らしたり、場合によっては使用を中止しましょう。
    *妊婦への使用は、敏感な体調を考え、芳香浴以外のアロマテラピーを行なう場合は十分な注意が必要です。全身のトリートメント(マッサージ)をされる場合は専門家にご相談ください。
    *3才未満の幼児は芳香浴以外おすすめできません。また、大人より体力も体重も少ないので、大人より少ない量でご使用ください。(1/10からはじめて、1/2ぐらいの量まで)
    *精油に似た「合成オイル」を間違えて使用しないようにしましょう。
    *精油成分の一部(主に柑橘系の精油成分に含まれるベルガプテンなど)には日光にあたると皮膚に炎症をおこすもの(光毒性)がありますのでご注意下さい。(ベルガモット、グレープフルーツ、レモンなど)
    *精油は開封したら、通常1年、柑橘系の精油は半年を目安に使い切りましょう。
    *精油原液が肌についてしまったときは流水で洗い流して下さい。皮膚に発赤、発疹、刺激が見られたときは、使用をやめ医師の診察を受けて下さい。
    *精油が目に入ったときは決してこすらず、大量の水で洗い流し医師の診察を受けて下さい。
    *精油が口に入ってしまったときは大量の水ですすいでください。
    *精油を誤って飲んでしまったときは吐かせず、すぐに医師の診察を受けて下さい。(受診の際、誤飲した精油を持参するとよいでしょう)

    以上のことを守って、安全な「アロマライフ」を実践しましょう!
    もっと詳しく知りたい方はアロマテラピーの専門書をご覧くださいね。

    アロマテラピーのための84の精油
    はじめてのアロマテラピー
    アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!

    テーマ : メンタルヘルス
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.15
  • ローズマリ-な !? あったか豆乳鍋

    寒さでこわばるからだが ぷわっ とほぐれる
    “やさしい味”です
    豆乳鍋 完成

    ここ数日の寒さときたら……
    こんな日はあたたかい「鍋物」が恋しくなりませんか?
    そこで…ローズマリ-風味の「豆乳鍋」を作ってみました!お肉にローズマリ-で下味をつけるだけですが、思いがけなく美味しかったのでレシピをご紹介します。

    豆乳鍋 材料豆乳鍋 材料豆乳鍋

    (材料)2人分
    鶏もも肉        160g
    白菜(の葉)        3枚
    えのき          1/2株
    乾燥ゆば(10×15)   1~2枚
    春菊(または三つ葉、セリ) 適量 
    ローズマリ-(フレッシュ)  少々
    豆乳           300㎖
    酒          大さじ1強
    みりん         大さじ1
    塩          小さじ1/4
    (ローズマリ-がない場合は市販のハーブソルトを代用してもいいと思います)

    (作り方)
    ①鶏のもも肉は一口大に切り、細かく刻んだローズマリ-とお酒、塩少々で和え、①~2時間ほど置いたら熱湯で軽くゆがえ、余分な脂を落とします。
    ②白菜は、葉の部分はざく切りに、白い軸の部分はくし切りにして軽くゆでておきます。
    ③ゆばは水で戻し、一口大に、春菊も適当な大きさに切っておきます。
    ④土鍋にすべての材料を入れ、ふたをして中火で煮ます。煮立ってきたら吹きこぼれないよう弱火にしてコトコト…白菜がしんなりとしたら出来上がりです!
    簡単でしょ~?

    夏にはタイムとともに「コールスローサラダ」に入れて活躍したローズマリ-。お肉料理との相性がいいので冬は鍋物の隠し味のどうでしょう?

    <料理用としてのローズマリ-の効用>
    殺菌作用、酸化防止作用が高いので、食品の保存を助ける。お肉の臭みを消す。
    脂肪分の消化の促進など。




    にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
    にほんブログ村
               

             

    テーマ : お料理(*´・ω・)☆
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.11
  • みそ作りの季節 到来!~みその豆知識~

    冬はみそ仕込み時期でもあります。私が自家製みそ(”手前みそ”ともいいますね)を作るようになってもう十年ほどになります。家の中だとはいえ寒い冬の作業はとてもつらいのですが、出来上がったみそを味わった瞬間、そんな思いも吹っ飛んで、また来年の事を考えている自分がいます。

    みそのルーツは、やはり中国にあるらしいですが、同じ日本でも気候風土の違いからか発酵に使う ”麹(こうじ)”の種類が違います。大きく分けると、「米麹」「麦麹」「豆麹」の三種類で、米は一番一般的で比較的寒い地方で作られるようですが、麹の量が多いと甘い「白みそ」(関西)になります。余談ですが、楽天イーグルスの田中将大選手のブログに、お母さんが作ったという美味しそうな白みそ仕立てのお雑煮の写真が載っていました。ホント、ところ変われば…ですよね。麦は九州や四国、豆は名古屋。名古屋のミソカツは有名ですね。田楽、シジミやなめこのみそ汁に豆みそはかかせません。

    1~2年熟成させた手前みそ「天然醸造みそ」です。
    麹の種類によって色合いが違うのがわかるでしょ?
    米みそ&麦みそ
    左:「米みそ」右:「麦みそ」

    私が作るみそは「米みそ」と「麦みそ」です。私の住んでいる地域はほとんどが「米みそ」で辛いみそが中心(仙台みそ)なので、ほんのり甘~い「麦みそ」へのあこがれから「麦みそ」を作るようになりました。みそも「カレールー」と同じで料理に種類の違うものをブレンドして使うと、味に深みがでて美味しくなりますしね。アロマの精油のブレンドもおなじですね!!
    私の「みそ作り」の教科書は、アニメ「サザエさん」の「マスオさん」のみそ作りの本でした

    アロマセラピストとしては、香りも気になるところ。みその香りの成分を見てみると…
    熟成期間の短い信州みそなどは、「酢酸」が多く、長期では「乳酸」が多くなるそう。また、香りのいいみそには「高級アルコール」が見られ、「イソアミルアルコール」「n-プタノール」「イソプタノール」などが熟成の後期に生成。一般に発酵が進んでみその香りの高いものは、「n-プタノール」「酢酸ブチル」「乳酸エステル」が多く、魚の生臭さを消す効果もあるのだそうです。また、豆の状態で摂取するより、みそにした方が消化力が高くなり、塩分を味覚の上から効果的に取り入れるということです。おみそ汁で塩分を取りすぎるということはなさそうですね。

    朝1杯のおみそ汁で、元気に一日をスタートさせましょうー!
    なめこ汁
    さあ!召し上がれ!

    マスオさんのみそづくり指南―つくろう食べよう手前みそ


    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
    にほんブログ村

    テーマ :
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.09
  • アロマンティック・冬のバスタイム ~バスボムを作る~

    泡立つ ”バスボム” で、からだの芯から温まろう!

    ベイリーブスとバスボム のコピー

    日本人は諸外国の人々にくらべて、とても清潔好き、お風呂大好きの民族といえます。暑い夏こそシャワーですませても、冬はじっくりバスタブに浸かりたい…という方が多いのではないでしょうか。
    そんな冬のバスタイムを、重曹とクエン酸で作る ”バスボム” でもっと楽しく ”ポカポカな時間” にしてみましょう。

    <ポカポカバスボム>
    (基本のレシピ)約3個分
    重曹            大さじ 4強
    クエン酸          小さじ 7弱
    スキムミルクまたは天然塩  小さじ 2
    ハチミツ          小さじ 2
    精製水           小さじ 1/2

    (基本のレシピ)だけでも十分温まりますが、ここではドライハーブと精油をプラスしたワンランク上のバスボムレシピをご紹介いたします。
    A:ポカポカ スベスベ 風邪予防レシピ
      抹茶または粉末緑茶     小さじ 2
      精油/ユーカリ(2滴)・ベンゾイン(1滴)・レモン(2滴)
    からだをしっかり温め、さらにビタミンCと殺菌効果で風邪の予防

    B:しっとり ほかほか リラックスレシピ
    (ドライハーブ)マリーゴルド
      精油/カモミール・R(1滴)・スイートオレンジ(3滴)
      やさしい香りと、消炎効果で荒れたココロとお肌をいたわります

    C:ピカピカ美肌レシピ
      (ドライハーブ)ブルーマロウ
      精油/ラベンダー(3滴)・ゼラニウム(1滴)
      お湯に入れるとブルーから赤に!お肌を美しく整えます

    バスボム材料作り方 ?作り方 ?バスボム出来上がり

    作り方)
    まず、ハチミツと精製水(E)を混ぜておき、ドライハーブは粉末状にしておきます。
    ① ボウルに重曹、クエン酸、スキムミルクまたは天然塩、ドライハーブを入れ混ぜ合わせます。(D)
    ② (D)に(E)を少しずつ加え、モロモロとした状態にします。
    (ここであまり柔らかくならないよう気をつけて下さい。多少パサパサの方が固めやすいです)
    ③ さらに精油を加えよく混ぜます。
    ④ 三等分して、ラップフィルムにでボール状に丸めたり、おにぎりやお菓子の型に入れしばらく置いて抜きます。
    ⑤ 5~10分放置して固めます。
    ボール状にしたものは、カラフルなセロファンでテルテル坊主!?のようラッピングしてプレゼントすると喜ばれます。型抜きしたものは厚紙を敷いたジッパー付きビニール袋に入れて保存。1ヶ月を目安に使い切りましょう。
    使用後のお掃除が気になる方は、バスボムを洗濯ネットなどに入れて入浴して下さいね!

    ◎重曹+クエン酸=炭酸 の効果
    血管の拡張 代謝の促進 疲労回復 冷え性の改善 などがあります。
    冷え性の方はぬるめのお湯でゆっくり入浴すると効果的です

    バスボムラッピング
    注意)お子様やペットが口にしないよう保存場所に気をつけましょう!
    精油の取り扱いについてはこちらのページをご参照ください。




    にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
    にほんブログ村

    テーマ : アロマ
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.07
  • アロマンティック・冬のスキンケア ~洗う~

    私の考えるスキンケアの基本は”シンプル”
    その極みが「手作り石けん」です
    せっけん材料 

    どちらかというと皮膚が薄く、刺激に弱い私の肌ですが、若い頃はTゾーンの皮脂が気になり、洗浄力の強い洗顔料(ときにはスクラブ入りのものも)でゴシゴシ洗い。今思うと恐ろしい ”お肌洗い” ならぬ ”お肌荒らし” をしていました。情報に惑わされない、正しい化粧品の知識と肌のメカニズムをわかっていたら…と、今も悔しく思います。

    それでも、自然からの贈りものともいえる、アロマセラピーやハーブを学び、辿りついたのは「手作り石けん」でした。これを使いだしてからは、年を重ねてはいるものの、若い頃よりも肌の調子はいいのです。

    植物油脂を原料に作る「手作り石けん」には、天然の保湿成分であるグリセリンがたっぷり含まれ、洗い上がりの突っ張り感はほとんどありません。これに精油をブレンドすることで更なるスキンケア効果が生まれ、またオリジナリティーのある自分だけの香りが楽しめます。
    それでは、この秋から冬にかけて仕込んだ「手作り石けん」をご紹介します。

    よもぎ石けんハトムギ石けんオリーブ石けん

    左:よもぎのシャンプーバー
    泡立ちがよく、昔から医療用として使われてきたひまし油を入れたシャンプーバー。ほかに、オリーブ油、マカダミアナッツ油、アボカド油などをブレンド。(精油:スイートオレンジ、ペパーミント)
    よもぎは肌のかゆみ、アトピーに有効。
    中央:ハトムギ石けん
    はと麦茶の抽出液を使い、EXオリーブ油をベースにスイートアーモンド油、アボカド油、シアバター、ココアバターなど肌を保護することを意識して作った硬めの石けん。型くずれしにくい代わりに泡立ちは控えめ。ハトムギには美白効果も。
    (精油:北海道モミ、ローズウッド)
    右:オリーブ石けん
    オリーブ油100%の石けん。洗浄力にも、保湿にも優れています。今回はピュアオリーブ油(60%)EXオリーブ油(40%)で作りました。いろいろな石けんを作りましたが、これにかなうものはない…そんな気がします。これこそシンプル中のシンプルといえるのではないでしょうか。(無香料)

    (全品ハチミツを使用、販売は行なっておりません)
    1ヶ月から1ヶ月半で使用できますが、2、3ヶ月じっくり熟成させるとよりマイルドな使い心地になります。

    最近は泡による洗顔がもてはやされていますが、多くの手作り石けんやボディケア用品を紹介した本などの著者、前田京子さんは「手作り石けん」による洗顔のしかたについてこんなことを言っておられます。

    手作りの石けんはスキンケア効果が高いので、泡を立てることはそんなに重要ではなく、それよりも石けんの中のグリセリン成分を皮膚の上に広げ汚れを落とすために、石けんを使用する前に(顔の)皮膚(表皮:角質層)をしっかり濡らすことが大切。クリームのように洗うのがベストだそうです。
    手作りの石けんでなくても、顔を洗うときは決っしてこすらず、いたわるように洗い、やさしくすすぐことを守って、冬の肌を健やかに保ちましょう。

    (手作り石けんは自然化粧品を売っているお店やアロマセラピー関連のショップで手に入ります。)
    *精油の取り扱いについてはこちらのページをご参照ください。


    にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
    にほんブログ村

    カフェ・ド・サボン
    スタッフオススメ!手作り石鹸を始めるならまずはこの1冊からオリーブ石けん、マルセイユ石けん...

    テーマ : アロマ
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.05
  • 冬限定!べったら風大根漬けを作ろう!

    べったら風大根漬けDSCN1734_2.jpgべったら風大根漬け完成!
    左:大根を漬けた日・右:完成品

    毎年12月上旬になると、”べったら風大根漬け” を漬けます。お正月に食べられるようにと。暮れはやることがいっぱいで「今年はやようかな~」といつも思うんですが、これを楽しみにしていてくれる友人に「食べたい!」とおだてられ続いている…という感じです。早速作り方を紹介することにしましょう!

    <べったら風大根漬け>
    (材料)
    大根(葉付き)     2本 
    濃縮甘酒(無加糖)    600cc強       
    砂糖(できればザラメがいい) 250 g
    天然塩    3/4カップ弱
    お酢      1/2カップ強 
    漬けだる、漬け物用ビニール袋、重し
    (好みで2週間ほど大根を干したり、昆布や赤唐辛子を適量入れてください)

    (作り方)
     漬けだるにビニール袋を入れておく。
      ①大根は皮をむかず、縦横に割り切り、四等分から六等分にし、たるに並べ入れる。
      (昆布や赤唐辛子もここで入れる)
      ②大根以外の調味料を鍋に入れて沸騰させ煮とかす。(A)
      ③熱いうちに(A)を大根に回しかける。しっかりと口をしばり重しをする。
       3週間から1ヶ月が食べ頃です。

    せっかくの手作りですから、できれば天然のものや添加物の入らない材料を使いましょう。マイルドでやさしい飽きのこない味になりますよ。さあ、熱いお番茶でどうぞ~!


    にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
    にほんブログ村


     




      

    テーマ : お料理(*´・ω・)☆
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.03
  • 年初めの1冊は…

    新年が明けて早や三日です。そろそろお正月気分もおしまいにして、ココロの切り替えボタンを日常モードにする準備。できたら一年間、忙しさに振り回されず、自分を見失わないでいきたいものですね。そこで、珠玉の1冊をご紹介します。

    それは、マーガレット・ワイズ・ブラウン作「たいせつなこと」
    去年、ふらりと入った本屋さんで見つけた絵本。それを見つけたとき、まるで “運命の人” に出逢ったような感覚が私のからだ中を駆け巡りました!他の本が目に入らないくらい。
    翻訳されたうちだややこ(内田也哉子)さんは、この本にであったときのことをこう書いています。
    「どの本もそれぞれの光を煌々と放つなか、まるで本棚の隅でじっと時の経つ音に耳を傾けていたような存在に、やがて私の視線はくぎづけに…」と。

    スプーン、ひなぎく、あめ(雨)、くさ(草)、ゆき(雪)、りんご、かぜ(風)、そら(空)、くつ(靴)にとって ”たいせつなこと” は何か。そして最後に、あなたにとって ”たいせつなこと” とは… ?と語りかけてくるこの本。最後のページを読んだとき、胸に込み上げてくるものがあるはず。仕事に追われたり、家事や子育て、介護などに追われて「私っていったいなんなのよ~!」と叫びたくなったとき、本を開いて ”フーッ” とひと呼吸してみましょう。きっとココロが少ーし軽くなるはず…

    DSCN1581.jpg  たいせつなこと:マーガレット・ワイズ・ブラウン  DSCN1623.jpg
    たいせつなこと (ほんやく絵本)

    <マーガレット・ワイズ・ブラウンのおすすめの絵本>
    だから そっと おやすみなさい (講談社の翻訳絵本クラシックセレクション)
    7編からなるおやすみの物語。ガーズ・ウィリアムズのかわいらしい動物たちの絵もステキ!私はうさぎのネムネムリーが好きだな~。
    いろいろ こねこ (講談社の翻訳絵本クラシックセレクション)
    猫のペンキ屋ブラッシュとハッシュが繰り広げる楽しい色の世界。大人も楽しい!


    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
    にほんブログ村

    テーマ : ★★おすすめ♪★★
    ジャンル : ブログ

  • 2011.01.01
  • A Happy New Year!

    mak02a のコピー
    A Happy New Year
    大切な あなたの 部屋まで
    凍る 街路樹 抜けて急ぎましょ…♪

    と始まる、ユーミンの「A Happy New Year」
    もう三十年ぐらい前の歌なのに、色あせない感性に溢れ、いつの時代にも心に響く。たった一日日付が変わるだけなのに、大晦日から新しい年へと変わるなんともいえない空気感。心新たにしてしあわせを願う気持ちが静寂ななかに見事に表現されていて、新年を迎えると聴かずにはいられない曲です。

    さざんか 2011年元旦
      2011 お正月  DSCN1681_2.jpg

    さあ、2011年がスタートしました!
    31日から元旦にかけての天気予報は「大荒れ」「雪もありかな?」と恐る恐るカーテンを開けると…予想に反する清々しい空。「今年はどうしようか?」なんていう思いが一度にかき消されてしまいました。
    そう…この空のように ”穏やかなココロ” でいけばいい。一日一日を丁寧に、私らしく。
    去年の12月にスタートした “AROMANTIC・MY・DAYS” 今年もよろしくお願いします。
    みなさんにとってステキな一年になりますように…

    今年も たくさん いいことが
     あなたにあるように
    いつも いつも…

                              
    昨晩お会いしましょう



    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
    にほんブログ村

    テーマ : ブログ
    ジャンル : ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。