• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2011.01.03
  • 年初めの1冊は…

    新年が明けて早や三日です。そろそろお正月気分もおしまいにして、ココロの切り替えボタンを日常モードにする準備。できたら一年間、忙しさに振り回されず、自分を見失わないでいきたいものですね。そこで、珠玉の1冊をご紹介します。

    それは、マーガレット・ワイズ・ブラウン作「たいせつなこと」
    去年、ふらりと入った本屋さんで見つけた絵本。それを見つけたとき、まるで “運命の人” に出逢ったような感覚が私のからだ中を駆け巡りました!他の本が目に入らないくらい。
    翻訳されたうちだややこ(内田也哉子)さんは、この本にであったときのことをこう書いています。
    「どの本もそれぞれの光を煌々と放つなか、まるで本棚の隅でじっと時の経つ音に耳を傾けていたような存在に、やがて私の視線はくぎづけに…」と。

    スプーン、ひなぎく、あめ(雨)、くさ(草)、ゆき(雪)、りんご、かぜ(風)、そら(空)、くつ(靴)にとって ”たいせつなこと” は何か。そして最後に、あなたにとって ”たいせつなこと” とは… ?と語りかけてくるこの本。最後のページを読んだとき、胸に込み上げてくるものがあるはず。仕事に追われたり、家事や子育て、介護などに追われて「私っていったいなんなのよ~!」と叫びたくなったとき、本を開いて ”フーッ” とひと呼吸してみましょう。きっとココロが少ーし軽くなるはず…

    DSCN1581.jpg  たいせつなこと:マーガレット・ワイズ・ブラウン  DSCN1623.jpg
    たいせつなこと (ほんやく絵本)

    <マーガレット・ワイズ・ブラウンのおすすめの絵本>
    だから そっと おやすみなさい (講談社の翻訳絵本クラシックセレクション)
    7編からなるおやすみの物語。ガーズ・ウィリアムズのかわいらしい動物たちの絵もステキ!私はうさぎのネムネムリーが好きだな~。
    いろいろ こねこ (講談社の翻訳絵本クラシックセレクション)
    猫のペンキ屋ブラッシュとハッシュが繰り広げる楽しい色の世界。大人も楽しい!


    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    テーマ : ★★おすすめ♪★★
    ジャンル : ブログ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。