• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2011.01.09
  • アロマンティック・冬のバスタイム ~バスボムを作る~

    泡立つ ”バスボム” で、からだの芯から温まろう!

    ベイリーブスとバスボム のコピー

    日本人は諸外国の人々にくらべて、とても清潔好き、お風呂大好きの民族といえます。暑い夏こそシャワーですませても、冬はじっくりバスタブに浸かりたい…という方が多いのではないでしょうか。
    そんな冬のバスタイムを、重曹とクエン酸で作る ”バスボム” でもっと楽しく ”ポカポカな時間” にしてみましょう。

    <ポカポカバスボム>
    (基本のレシピ)約3個分
    重曹            大さじ 4強
    クエン酸          小さじ 7弱
    スキムミルクまたは天然塩  小さじ 2
    ハチミツ          小さじ 2
    精製水           小さじ 1/2

    (基本のレシピ)だけでも十分温まりますが、ここではドライハーブと精油をプラスしたワンランク上のバスボムレシピをご紹介いたします。
    A:ポカポカ スベスベ 風邪予防レシピ
      抹茶または粉末緑茶     小さじ 2
      精油/ユーカリ(2滴)・ベンゾイン(1滴)・レモン(2滴)
    からだをしっかり温め、さらにビタミンCと殺菌効果で風邪の予防

    B:しっとり ほかほか リラックスレシピ
    (ドライハーブ)マリーゴルド
      精油/カモミール・R(1滴)・スイートオレンジ(3滴)
      やさしい香りと、消炎効果で荒れたココロとお肌をいたわります

    C:ピカピカ美肌レシピ
      (ドライハーブ)ブルーマロウ
      精油/ラベンダー(3滴)・ゼラニウム(1滴)
      お湯に入れるとブルーから赤に!お肌を美しく整えます

    バスボム材料作り方 ?作り方 ?バスボム出来上がり

    作り方)
    まず、ハチミツと精製水(E)を混ぜておき、ドライハーブは粉末状にしておきます。
    ① ボウルに重曹、クエン酸、スキムミルクまたは天然塩、ドライハーブを入れ混ぜ合わせます。(D)
    ② (D)に(E)を少しずつ加え、モロモロとした状態にします。
    (ここであまり柔らかくならないよう気をつけて下さい。多少パサパサの方が固めやすいです)
    ③ さらに精油を加えよく混ぜます。
    ④ 三等分して、ラップフィルムにでボール状に丸めたり、おにぎりやお菓子の型に入れしばらく置いて抜きます。
    ⑤ 5~10分放置して固めます。
    ボール状にしたものは、カラフルなセロファンでテルテル坊主!?のようラッピングしてプレゼントすると喜ばれます。型抜きしたものは厚紙を敷いたジッパー付きビニール袋に入れて保存。1ヶ月を目安に使い切りましょう。
    使用後のお掃除が気になる方は、バスボムを洗濯ネットなどに入れて入浴して下さいね!

    ◎重曹+クエン酸=炭酸 の効果
    血管の拡張 代謝の促進 疲労回復 冷え性の改善 などがあります。
    冷え性の方はぬるめのお湯でゆっくり入浴すると効果的です

    バスボムラッピング
    注意)お子様やペットが口にしないよう保存場所に気をつけましょう!
    精油の取り扱いについてはこちらのページをご参照ください。




    にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    テーマ : アロマ
    ジャンル : ブログ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。