• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2012.04.17
  • 「にじいろのさかな」と…ボランティアの心

    「にな」
    にじいろのさかな?
    マーカス・フィスター(Marcus Pfister)=作

    ちょっと前の話しになりますが…
    「にじいろのさかな」という絵本を買いました。。。☆

    気になっていた編み物の本を買おう思って行った本屋さん
    でも…悩んだあげくその本を買うのをやめて
    ふらっと絵本のコーナーに立ち寄ったら…出逢っちゃいました。。。☆

    誰かが見て本棚に戻さないまま起きっぱなしになっていたその本は
    キラキラ光って ”超~ハデ” で
    私の目の前に飛び込んできたのは「運命」というもの
    「にじいろのさかな」というタイトル(♪MONKEY MAJIKの「虹色の魚」)
    も…私の興味をそそったのですが…
    読んでみたら…

    キラキラしたうろこをもった 海一番きれいな魚「にじうお」は
    誰かに「きらきらうろこをちょうだい」といわれても
    「やだ~」といって誰とも遊ばないから、いつもひとりぼっち

    そんな「にじうお」にたこのおばあさんは言いました
    「みんなにキラキラうろこをわけてあげなさい」

    にじいろのさかな?

    1枚…キラキラうろこを青い小さな魚にあげたら…
    青い魚がとてもよろこんだので、「にじうお」もうれしくなりました

    「にじうお」は、1枚…また1枚とほかの魚にもうろこをわけてあげました
    残ったキラキラうろこはたった1枚になったけど…
    たくさんの友だちと遊べるようになった「にじうお」は
    海一番しあわせな魚になりました。。。☆

    というお話し。。。☆

    この本を読んで私の頭をよぎったのは…「ボランティア」や「チャリティー」のこと
    阪神淡路大震災をきっかけに「ボランティア」が一般的になりましたね
    今回の東日本大震災でも多くの方がいろいろな形で参加されたことと思います
    私も直接的ではなかったんですが、「何かしたくて」
    シュシュとサシェを作って届けました

    この行為は、心の底から湧きあがってきた思いがさせたこと…
    受け取った「誰か」が喜んでくださればうれしい!ただそれだけのことでした

    「ボランティア」(volunteer) という言葉を 辞書などで引くと…
    自発的に奉仕する人。志願者。篤志家。とあります。

    AEAJ(アロマ環境協会)資格マニュアルには…

    ボランティアの語源は「有志」で
    通常の人間関係とは別に、地域、団体に自発的かつ無償の貢献を行なうこと。行なう側と受ける側は、経済的にも精神的にも対等で、経済的に裕福なものが「施す」のではなく、共に成長することが望ましい…とあります

    自分の経験から、経済的に「割りに合わない」とか、「困ってるように見えない」なんて思いながら「ボランティア」している人がいることを知り、ガッカリを通り越してなんとも不愉快な気持ちになってしまったのを覚えています。「ボランティア」をするのに理屈は必要はないかもしてませんが、「ボランティア」に参加する方が増える中、「ボランティア」に関する正しい教育が急務と思います

    にじいろのさかな?

    「にじうお」が、自分のキラキラうろこをみんなにあげて喜んだように…
    「ボランティア」に限らず、誰かの役に立つことで
    自分もココロから喜べたら…素晴らしいことですね。。。☆


    t02090211_0209021111139856767.jpg

    にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
    にほんブログ村



    スポンサーサイト

    テーマ : おもうこと
    ジャンル : ブログ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。