• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2011.01.17
  • アロマンティック・冬のスキンケア ~潤い肌~

    冬のお肌は皮脂の分泌も少なく、冷たく乾燥した空気と、室内の暖房でさらなる乾燥…肌の悲鳴が聞こえてきそうですどうすれば冬の ”潤い肌” を手に入れられるでしょう?

    アロマセラピーで使用する精油の中には、スキンケアに有効なものが多くあります。「エモリエント(皮膚軟化)」「リカバリー(皮膚細胞の再生・修復)」「アストリンゼント(収斂)」など。上手に活用すれば、高価な保湿クリームにも負けないくらいの変化が得られるでしょう。代表的な精油の作用を見てみましょう。

    <スキンケアに向く精油>
    皮脂のバランスをとる………イランイラン、ラベンダー、ゼラニウム、フランキンセンス
    皮膚軟化      ………カモミール・ローマン、サンダルウッド、ネロリ
    細胞成長促進    ………ネロリ、パルマローザ、ラベンダー
    強壮        ………ジャスミン、プチグレン、ローズオットー
    収斂        ………フランキンセンス、ローズマリ-
    成熟肌       ………サイプレス、サンダルウッド、ネロリ、ローズオットー、ローズウッド
    敏感肌       ………カモミール・ローマン、ジャスミン、ネロリ、ローズオットー、ローズウッド
    脂性肌       ………サイプレス、ジュニパー、ゼラニウム
    乾燥肌       ………サンダルウッド、ジャスミン、ネロリ、ローズオットー、パルマローザ、ローズウッド

    私自身が今使っているスキンケアアイテムは…
    尿素入りの手作り化粧水、市販のスキンクリーム+化粧水+ホホバ油+精油で作った乳液、ホホバ油、市販のリップクリームのみです。それだけ?と思われるかもしれませんが、いろいろ付けすぎるとかえって ”吹き出物” ができたりトラブルのもとになることを経験しているから…少し物足りないくらいの “足りないものを補うケア” にとどめています。朝は洗顔はせず、コットンに化粧水をとり、拭き取るだけです。
    それでは、私の使っている「インスタントアロマ乳液」の作り方をご紹介します。

    スキンケア 乳液

    <インスタントアロマ乳液>
    (材料)
    市販のスキンクリーム(無香料)    20g
    市販の化粧水(無香料)      25mℓ 
    ホホバ油              1mℓ
    精油               3~5滴 (1滴…0.05㎖)       
    (スポイト、薬さじ、計り、容器…1個)
    *クリームと化粧水はできるだけ同じライン(同じ目的をもって作られているもの)のものをご使用ください。
    *精油の使用量は目安です。敏感な肌質の方は量を控え目に!

    (作り方)
    使用する容器や用具は、あらかじめエタノールなどで消毒しておきます。
    ①計りに直接容器をのせて、そのなかにクリーム18gを入れます。
    ②(計りからはずし)化粧水を30mℓとホホバ油 1mℓを入れ、ふたをしてシェイクします。
    ③できたものを手の甲にとり硬さを確かめます。ゆるすぎる場合はクリームを、硬い場合は化粧水を少し入れて調整します。
    ④好みの精油を入れてできあがりです!

    精油は水に溶けないので、化粧水よりも脂溶性の性質を生かせる ”クリーム” や “乳液” に入れた方が安定性があると思います。また、市販品には乳化剤が入っていますので分離しにくいです。

    おすすめブレンド(30㎖に対しての滴数)
    ラベンダー       2滴
    ネロリ         1滴
    フランキンセンス    2滴  品格のある優雅な香り。お肌をしっとりさせ、弾力アップ。

    ゼラニウム       1滴
    カモミール・ローマン  1滴
    パルマローザ      2滴  華やかなお花の香り。お肌の荒れを鎮静し、顔色を良くします。

    ラベンダー       2滴
    ローズ・オットー    1滴
    サンダルウッド       1滴 エキゾチックで落ち着いた香り。肌を強壮し、整えます。 

    皮膚は、夜排泄し、日中に吸収する
    ところで…
    世界的な生態学者で、生物学者の ”デートリッヒ・ギュンベル博士” の著書に興味深いことが書かれていました。「皮膚は夜に副交感神経が優位になるので ”排泄” 日中は交感神経が優位になる ので”吸収” の方向に働く。夜は皮膚を清潔にすることが大切で、化粧品入らない…」という理論。
    そう考えると、ほとんどの人が皮膚に対してまったく反対のことをしている…!? ということになりますね。
    急には無理かもしれませんが、「試してみたい!」と私は思っています。その経過はブログでご報告することにしま~す!ギュンベル博士の本…興味ある方は読んでみてください!
    「植物三層(花・葉・根)精油によるホリスティックセラピー」

    内側からのケアも忘れずに!
    皮膚の乾燥の原因は冬だけの問題ではありません。ストレスや寝不足、栄養不足などいろいろあります。バランスのよい食事を心がけ、規則正しい生活をしてお肌の潤いをキープしましょう!また、入浴もお肌の新陳代謝を促しますからバスタイムも充実させましょう!

    *精油の取り扱いについてはこちらのページをご参照ください。 

    尿素入り化粧水のことが書いてあるのはこちらの本。
    3日で効く美肌スキンケア―医師が教える簡単・安価・安心の手作りコスメ

    にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    テーマ : アロマ
    ジャンル : ブログ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。